師走の忙しさを脱出しよう!


こんにちは。
本日より12月=師走ですね。
2017年(平成29年)も残り1ヶ月となりました。
天皇が生前退位を決めた本年。
2019年の4月には平成と言う年号もフィナーレを迎えます。
平成としての12月は今年を含めて、あと2回の見通しですね。

さて12月になるとテレビやラジオなどで
「師走になって慌ただしくなりましたね」
「師走の街は年越し準備で大忙しです」
このように「師走」は忙しいと言う意味で使われる事が多いのですが、実際には諸説プンプンです。
12月の師走とは!?その意味と語源由来について考えてみた!

〇上記リンクを簡単に解説
(1)「師(坊さん)」も走る忙しさ説
*一般的に多い説ですね。坊さんがお経をあげるためにあちこちを走り回った事で忙しいとする説です。

(2)〇〇が終わる説
*仕事(しごと)・四季(しき)・年(とし)が終わる事を取って、それらの「し」と「わす=果たす=終わる」で「しわす」と呼ばれるようになった説。

(3)当て字説
日本書紀に「十有二月(シハス)」と言った言葉が記されていて、これが当て字となった。
漢字が後からつけられて「師走」となった。

どちらにしても諸説プンプンなのでどれが本当に正しいのか?はっきりとしません。
ただはっきりとしているのは本当に日本の「12月=師走」は忙しいという事実。
ではなんで12月はこんなに忙しいのでしょうか?

「クリスマスや年末年始の準備」
「仕事納めに向けてスパート」
「プライベートも忙しくなる!年賀状。家族へのプレゼント。帰省の段取り。。。。」

そうです。年末年始には仕事だけでなくプライベートの行事もいっぱい!
仕事の合間にプライベートのやるべきことをこなしていかないといけないので大変です。

何が起こっているのか?改めて見直す、何かと日本の年末が忙しい理由

要するに12月はやる事が多過ぎるのです。
いくら楽しい?イベントが多いと言っても、これだけパンパンのスケジュールで動いていたら
本末転倒です。12月の忙しさから脱出するためにはどうすればいいのでしょうか?

忙しさから脱出する7つの方法
忙しさから脱却するにはどうしたらいいのでしょうか? 
下記にあげる7つの理由を順番に解決すればいいのです。

1.忙しいのは美徳ではない、と知る
2.勇気を持って根本的な問題と対峙する
3.やるべきことはできるだけ早くやる
4.ノーと言う
5.断捨離してシンプルライフをめざす
6.デジタルデトックスをする
7.何もかも自分でやろうとしない

簡単に説明します。

1.忙しいのは美徳ではない、と知る
忙しくないからといって、その人の人間性が劣るとか、つまらない人生だ、なんてことはありません。

だいたい、「充実している」「つまらない」というのは、他人が決めることではないのです。ゆったりと、穏やかな時間を過ごす幸せは、何物にも代えがたいものです。

2.勇気を持って根本的な問題と対峙する
何かから逃げたくて、忙しくしているのは、根本的な問題の解決にはなりません。「逃げている」ということは、心の奥底ではその問題に気づいていて、すごくストレスになっているのです。

そのうえ、毎日忙しくしていると、肉体的疲労も重なり、さらにストレスがかかってしまいます。

まずは自分が逃げている問題と向き合う勇気を持ちます。

☆「忙しさ」は自分の選択にかかっている⇒忙しすぎて断捨離できない人が「忙しさ」を手放す方法

3.やるべきことはできるだけ早くやる
どうせいつかはやらなければならないのなら、タスクが小さなうちに、クリアしておくほうがいいです。

先に行けば行くほど、別のタスクがふりかかってくる可能性があります。

仕事に追われるのはなく追っていくと、スケジュールと気持ちに余裕ができます。

4.ノーと言う
自分の人生の主役は自分なので、その同窓会に行くかどうかは自分で決めればいいのです。丁寧にお断りすれば、相手もわかってくれます。

ノーと言ったからといって、人生が終わるわけではありません。

5.断捨離してシンプルライフをめざす
貴重な時間と気力を奪っている不用品を捨てます。

やり方⇒断捨離を始めてみたいあなたへ~私が最も効果を実感した5つの断捨離テクニック

6.デジタルデトックスをする
SNSに費やす時間を1日10分にするなど、制限をかけます。ときには、パソコンやスマホの電源を切り、インターネットのない時間を楽しみましょう。

7.何もかも自分でやろうとしない
自分の体力も時間も有限。現実的な視野にたち、仕事をたくさんかかえるのはやめましょう。

仕事を軽減するために、知人に助けてもらったり、有料、無料のサービスを積極的に利用します。
*******
7つの解決法の中で、1番簡単なのは、物を捨てることです。断捨離は1日数分からできるので、少しずつ捨て始めることをおすすめします。

物の整理は心の整理。頭の中がクリアになれば、自分の暮しの中で、優先すべきことが見えてきます。そうすればいたずらに忙しさにふりまわされることはないでしょう。

また普段当たり前と思っている物への断捨離も効果的です。

【参考サイト】
年賀状不要論・日本郵政公社の陰謀論とは?&クリスマスカードと年賀状の意外な関係&正月行事の注意点①

年賀状不要論・日本郵政公社の陰謀論とは?&クリスマスカードと年賀状の意外な関係&正月行事の注意点 ②

年賀状不要論・日本郵政公社の陰謀論とは?&クリスマスカードと年賀状の意外な関係&正月行事の注意点 ③

年賀状のやりとりをやめたい!いらない時の整理方法や断り方と文例

増大する忘年会不要派の最も多い「拒否理由」とは

捨てるべきものと捨てるべきでないものをきちんと見分けて断捨離していきましょう。
皆さんは何から断捨離していきますか?
そして来年はすっきりとした状態で新年を迎えたいですね。

まだ間に合う!年末年始旅行
早めにやる事を済ませて旅行に行きませんか?
航空券とホテルを簡単にオンライン予約

サブコンテンツ

このページの先頭へ