卵か玉子?

こんにちは。
今日は「たまご」の話です。
「たまご」を漢字で書くとき、「卵」と「玉子」のどちらの漢字を使っていますか? 
「卵焼き」と「玉子焼き」、どちらかに違和感を覚えますか? 

一般的には「玉子焼き」ですよね?
ではなぜ2つになったのでしょうか?

もともと「たまご」を表す漢字は「卵」だけだったそうです。
この漢字が日本で使われ始めたのは平安時代。現在と同じく鶏卵を意味する言葉でしたが、
当時は「かひこ」と読んでいました。室町時代に入ると、鶏の飼育が急激に広まり、南蛮文化の影響もあって鶏卵を使った料理がよく作られるようになりました。

やがて、丸い殻の中に子供が入っている鶏卵の形状から連想された「玉の子」から「玉子(たまご)」という呼び名と漢字が使われるようになり、江戸時代から「玉子」のほうが広く使われるようになっていきました。その一方、文字としての「卵」もそのまま残り、「たまご」はふたつの書き方が現在でも使われているのです。

使い分けはたまごの状態
その使い分けとして、孵化して育つことを前提とした「たまご」は「卵」と書くことが一般的になっています。
また、魚や虫の「たまご」も「卵」と書きますね。

一方、「玉子」は食材としての鶏卵を指すことが多くなっています。

つまり、鳥や魚、虫などの「たまご」全般を指す言葉として「卵」があり、その中で料理に使われる鶏卵が「玉子」というように使い分けられているということです。

ただし、この使い分けが正しいというわけではなく、「ゆで卵」や「生卵」という書き方も一般的によく使われていますし、「卵焼き」という書き方が間違いというわけではありません。明確な基準があるわけではなく、鶏卵の場合は生のものを「卵」、料理されたものを「玉子」と表記することが多くなっているようです。

とはいえ食用の場合は「玉子」が前提の事が多いのですね。

人類が最初に「たまご」を食べたのは、おそらく人がサバンナで地上生活を始めた頃(約500万年前)と考えられています。
その頃は、鶏(ニワトリ)ではなく、地上に卵を産むことから採取しやすかったダチョウの卵を食べたものと思われます。この時代には人類は、まだ石器の製造は出来ませんでしたが、石を使ってダチョウの卵の硬い殻を割ることは出来ました。

また、ダチョウ卵の殻で装飾品(小さいリング状の首飾りと思われるもの)を作ったのが、アフリカ東海岸の中央ケニアの岩窟で発見されていて、年代は約4万年前と想定されています。

卵・玉子の話はまた次回に続きます!

お得なアリスツアーの海外ダイナミックパッケージツアー
航空券とホテルを便利に格安にオンライン予約

サブコンテンツ

このページの先頭へ