AIに負けない頭脳を目指す

こんにちは。
本日の話題は「AI」です。
「AI」とはいわゆる人工知能です。Artificial Intelligenceを略してAIと呼ばれます。
要は人工的にコンピューター上などで人間と同様の知能を実現させようという試みなのです。
人間の仕事を便利にするための発明である「AI」ですが、昨今では人間の職業を奪ってしまうのでは?
と脅かす存在にまでのし上がってきました。

オックスフォード大学が認定 あと10年で「消える職業」「なくなる仕事」
・・・・・・・・・・・以下転載・・・・・・・・・・・
たとえばバーテンダーの仕事。これがコンピューターに代わられる確率は77%—。そんな大胆予測を披露した論文が全世界で話題だ。論文の執筆者が本誌に語った、凄まじすぎる「雇用の未来」。

仕事はほぼ半減する

「コンピューターの技術革新がすさまじい勢いで進む中で、これまで人間にしかできないと思われていた仕事がロボットなどの機械に代わられようとしています。

たとえば、『Google Car』に代表されるような無人で走る自動運転車は、これから世界中に行き渡ります。そうなれば、タクシーやトラックの運転手は仕事を失うのです。

これはほんの一例で、機械によって代わられる人間の仕事は非常に多岐にわたります。私は、米国労働省のデータに基づいて、702の職種が今後どれだけコンピューター技術によって自動化されるかを分析しました。

その結果、今後10~20年程度で、米国の総雇用者の約47%の仕事が自動化されるリスクが高いという結論に至ったのです」

人間が行う仕事の約半分が機械に奪われる—そんな衝撃的な予測をするのは、英オックスフォード大学でAI(人工知能)などの研究を行うマイケル・A・オズボーン准教授である。

そのオズボーン氏が、同大学のカール・ベネディクト・フライ研究員とともに著した『雇用の未来—コンピューター化によって仕事は失われるのか』という論文が、いま世界中で話題となっている。

同論文の凄味は、702の職種すべてについて、コンピューターに取って代わられる確率を仔細に試算したことにある。

言うなれば、これから「消える職業」「なくなる仕事」を示したに等しく、これが産業界に衝撃を与えているわけだ。

右に載せたのは、そうした「消える、なくなる」可能性の高い主な仕事である。いずれもコンピューターに代わられる確率は90%以上という驚くべき数字が弾きだされている。

オズボーン氏が言う。
「各仕事に必要なスキルはどのようなもので、そのスキルを機械がどれだけ自動化できるのかを、テクノロジーの発展のトレンドを考慮して詳細に調べ上げました。

具体的には、コンピューター化の障壁となりうる9つの仕事特性を抽出して—たとえば、手先の器用さ、芸術的な能力、交渉力、説得力など—、702の職種を評価したのです。

これまでロボットはルーチン的な作業しかできないとされてきましたが、ここ10年間におけるロボットの能力向上は目覚ましいものがあります。

ロボットが完全に人間の知性を手に入れるにはあと少なくとも50年はかかると言われていますが、その過程で、多くの仕事が機械の脅威にさらされることがわかってきました」
・・・・・・・・・・・転載終了・・・・・・・・・・・
まだまだ50年はかかるとはいうものの、上記転載記事を先まで読むと多くの仕事が「AI」に取って変わっていく事が予想される記事が出ています。また実際に下記記事の様に「AI」導入事例が中小企業にまで広がっております。
パン屋やラーメン屋でも導入事例 中小企業とAIの付き合い方
・・・・・・・・・・・以下転載・・・・・・・・・・・
中堅・中小企業でも、他社が作ったAIをうまく自社の業務に取り入れ、自社事業の効率化や革新に活用する事例が増えている。AIの進化を見据えて、「今のうちからの準備」が必要だ。

中小企業にAIは無関係か?

人工知能、ディープラーニングなど流行している用語を聞いても、中小企業である自社には関係ないと思う人もいるかもしれない。確かに、メディア等で見かける多くの紹介事例は、国内外の先端の研究分野であったり、大企業が資金を投入し、優秀な人材を集めて実践しているような事例であったりすることが多い。

とはいえ、大企業でもなく、ハイテクIT企業でなくても、中堅・中小企業でAIを活用している事例も存在している。

まずは、中堅・中小企業などでのAI活用の事例を見ていくことで、中小企業にとってのAI活用の意味合いを見出していきたい。

ソフトウェア開発のブレインが開発したBakeryScan(ベーカリースキャン)は、パン屋・ベーカリーショップに導入されているレジ装置である。

購入客が複数のパンをトレーに載せて、レジ横のカメラの下に置くと、このシステムがパンを画像認識し、パンの種類を判別し価格・数量から購入金額を算出する仕組みとなっている。パン屋はこのシステムを導入することで、パンの種類を覚えていない新人の店員でもレジ作業を担当できるようになる。


パン業界でヒットしている「BakeryScan」

〇ラーメン屋でのAI活用
ラーメン店「鶏ポタTHANK」は、来店客全員の顔を覚えることを目指して、AIとロボットを活用した「クラウド型“顧客おもてなしサービス”」を導入した。来店客は、専用のモバイルアプリに顔登録を行い、店頭で食券を購入する前に、コミュニケーションロボット「Sota(ソータ)」に顔を見せることで、顔認証によって来店回数に応じたトッピングをもらうことができるようになる。

このサービスは、Microsoft AzureのAI機能「Cognitive Services」とヘッドウォータースが提供する、ロボット型デバイスを活用するためのクラウドサービス「SynApps」を統合させたパッケージサービスである。初期費用不要で月額3万円からで導入できる。

ちなみに本サービスはラーメン店以外に、居酒屋やスポーツ用品店でも導入実績があるという。

AIとロボットを活用した「クラウド型“顧客おもてなしサービス”」は、ラーメン店や居酒屋に導入されている

〇タクシーのAI

NTTドコモはAIでタクシーの需要予測を行うサービスを開発(NTTドコモプレスリリースより)。
NTTドコモは、東京無線協同組合、富士通、富士通テンの4組織合同で、AIでタクシーの需要を予測して配車に生かす実験の成果を発表した。

タクシーの運転手に対して、これまで各社の情報(モバイル空間統計、タクシー運行、気象、施設データ)をもとに算出した「リアルタイム移動需要予測情報」をタブレット上に提示する。500メートル四方のエリアごとに30分ごとの乗車需要を10分単位で予測して、地図に色と数字で示す仕組みだ。

NTTドコモは2017年度後半に商用化しタクシー会社に提供する予定。

〇翻訳AI
近年増加が著しい訪日外国人向けのビジネスを行う企業向けに、AIで翻訳サービスを提供する企業も登場した。

KDDIは、2月に訪日外国人への接客を補助する「KDDI AI翻訳」と「KDDI TV通訳」のサービスを開始した。「KDDI AI翻訳」は、音声入力もしくは文字入力により、英語、中国語、韓国語の翻訳が可能なアプリケーションサービスである。

このほか、マイクロソフトのサービスや、既存のスマホアプリでGoogle翻訳を活用するなどの方法もある。またNTTは業界特化型AI翻訳プログラムのベータ版を提供している。

〇大手プラットフォーマーのAI
一方、欧米大手プラットフォーマーは、AIをクラウドで提供するサービスを強化している。IBMのワトソンをはじめ、グーグル、マイクロソフト、アマゾン、セールスフォースなどが力を入れている。これらのプラットフォーマーは、自社で開発したAIを、大企業・中小企業含め、様々な企業に利用してもらうことを想定している。

特にアマゾンは、米国で大ヒットした音声アシスタント「エコー」に搭載されている音声対話エンジン「アレクサ」の外部提供AIサービスを発表している。このアマゾンの音声対話AIとの連携サービスを提供すれば、自前で音声認識・対話エンジンを開発せずに、自社サービスに音声対話機能を取り入れることが出来る。

チャットボットの領域でも、システム・プラットフォーム開発を行う大手企業・ベンチャー企業がしのぎを削っている。サイバーエージェントなど、中小企業向けにも使い勝手の良いものを目指して開発を進めているプレイヤーも多い。

〇中小企業でのチャットボット活用も進む(イメージ)
AIの進化を見据え、今から準備を
ここまで、中堅・中小企業によるAIの活用例を見てきた。大手AIプラットフォーマーや、AI開発ベンチャーの動きを見ても、言えることは、自社でAIを開発しなくても、他社が作ったAIをうまく自社の業務に取り入れることができるという点である。

AIを自社開発しようとすると、そのための技術者や大量のデータ、そして資金が必要になる。中小企業にとっては、他社が開発したAIから、自社にとって使い勝手がよく、手ごろな価格で導入できるものを選ぶのが得策といえるだろう。

AIを活用することは目的ではなく、手段であるため、ある業務を効率化しようと思って導入したシステムが「実はAIだった」という方が実感として近いかもしれない。

今後、学習済みのAIやAIプラットフォームを活用するためのコストは下がっていくことが予想される。同時にIoTなどのデバイスの導入価格も低下するだろう。そうすると、どのようなことが考えられるのか。

これまでは、大手プラットフォーマーのAIサービスを活用した業務効率化が中心だったが、そこから進んで、AIを活用した新たな事業創出が実現する可能性が考えられる。IoTなどのデバイスから得られるデータや、中小企業だからこそ取得できる特殊な領域のデータを活用してAIを用いて解析することで、新しい事業機会を生み出せるかもしれない。

そのためにも、今のうちから準備が必要だ。自社でも低コストで簡単にAIが使えて、精度の高い解析ができるとしたら、どのような事業機会があるのか、アイデアを構想しておくことが必要となるだろう。


・・・・・・・・・・・転載終了・・・・・・・・・・
「AI」の発展はこのようにこれからも進むでしょう。
だからと言って人間の未来が無いと悲観してはいけません。
「人間の脳」は鍛える事により「AI」に負けない可能性を秘めているのです。
AIから学ぼう!AIに負けない考える脳の鍛え方
・・・・・・・・・・・以下転載・・・・・・・・・・
考える脳の鍛え方

AIに負けない脳を鍛えるには、どうしたらよいのでしょうか。
AIの進化過程から、逆にヒントをもらってみましょう。

1.あえて答えは教えない

AIが驚異的な進化をした背景には、
一見遠回しに見える方法が採用されています。
つまり答えをあえて教えないのです。
コンピュータ自身が答えを探していく!
今の子供達は、直ぐに答えを求めますね。
ゲームでも攻略本を読みたがります。
それでクリアしておもしろいのか?
模範解答=正解!納得しがちです。
しかしそれは本当に正しい答えなのか。
どうして?尋ねられた時、
一緒に考えることが大切です。
親にとって、一番苦手なことかもしれませんが。

2.体験を積み重ねる

答えを教えないなら、どうやって答えを見つけるのか。
そこで親が負けてはいけませんね。
どんどん体験を積み重ねることです。
運動選手の育成に近いやり方かもしれません。
模範を見せて、繰り返し練習することです。
AIにも、猫の画像を多く見せることによって、
AI自らが、猫の特徴を考え出したようです。
私たちも、猫を見た瞬間に、猫だ!
どうやって認識しているのでしょうか?
きっと頭の中で、「猫」という概念を
無意識に作り出しているはずです。

3.失敗してもトライさせる

体験を繰り返すことでAIは成長しました。
とはいえ同じことを何百回、何千回と繰り返します。
それは機械だからできることですね。
人間は、同じことを100回試して100回すべて失敗した後、
101回にトライできるでしょうか。
多くの人、それも子供なら3回で飽きてしまうでしょう。
そのやる気を持続させるためにはどうするか。
AIに学ぶべきことは、ここかもしれません。
もう1回やってみよう!
優しく声をかけてあげましょう。

4.思い込みを取り除く

人は何故嫌になるか?飽きてしまうのか?
とはいえ繰り返し練習できる人もいますね。
そういう人こそが、成功者と言えるのでしょう。
とはいえ諦めるという心理は、
またやってもダメだろう!
無意識の思い込みから生み出されているようです。
しかしそんな思い込みは、
親が植えつけている可能性があります。
もう止めなさい!
後にしなさい!
ちょっとした親の反応が、
子供のやる気を削いでいることも多いですよ。

5.善悪の判断は必要です

自分で答えを見つけますが、悪い方向に向かわないか?
実際にアメリカでは、差別意識を身につけたAIがいました。
悪意を持った人と会話したことにより、
思考する方向性が変わってしまったようです。
人間も同じことですね。環境が人間の心を育てます。
そういう意味でも、善悪の判断は必要です。
やって良いこと悪いこと、教えてあげるべきです。
とはいえ何が良いことなのか?
少なくとも、他人を心身ともに傷付けない!
最低限のルールを伝えましょう。
・・・・・・・・・・・転載終了・・・・・・・・・・
なるほど脳の鍛え方が分かりますね。
さらに「AI」に負けない脳を得たい方は以下の2サイトを参考にしてみて下さい。
人間の「脳細胞」は、電気信号を発しながら情報のやりとりをしている事が分かります。
体に質のよい「気」がたくさん溜まり、その「気」がスムーズに流動するようになれば、自然と「脳」の回転も早くなり、それに伴って行動もテキパキと早くできるようになる事が分かります。
ぜひご覧くださいね。↴
RAPT×読者対談〈第112弾〉現代科学の知識はどこまで本当か。
脳の構造 Do you“脳”? 脳に関する基礎知識

「人間の脳」は鍛える事によって、可能性は宇宙の様に無限大に広がります。
これをご覧になって皆さんの可能性が無限に広がりますように!

「AI」に負けない!
頭を使った「オーダーメイド旅行」

弊社では各スタッフが頭を使って味があるオーダーメイド旅行をご案内させて頂きます!
皆様それぞれに味があるツアーをご案内させて頂きます。
何なりと皆様のご希望を問い合わせフォーマットに入れてお問い合わせ下さい。
オーダーメイド旅行のアリスツアー問合せ

またお得にご旅行なされたい方は下記ダイナミックパッケージ・オンライン予約もお勧めです。
航空券とホテルはこちらで予約をして、特殊な手配は別途ご案内させて頂く事も可能ですよ。
是非併せてご利用下さいませ。

お得なアリスツアーの海外ダイナミックパッケージツアー
航空券とホテルを便利に格安にオンライン予約

サブコンテンツ

このページの先頭へ