ドタキャンについて考察する

こんにちは。
忘年会シーズンも真っ盛りです。
皆さんは忘年会はなさいましたか?

ところで最近WEBニュースでよく話題になっている話です。
飲食店の予約をドタキャン。もっとひどいのは無断キャンセルをする件が多々ある事が問題提起されています。


以下、レストランのドタキャン・無断キャンセルは大迷惑!!絶対に駄目!!より転載

もちろん一部の人の話しですが
我々料理人やサーヴィス人がどの様な思いでお客様の為に食材を仕入れ、仕込みし、お迎えするのか、それを全てのお客様にわかってほしい。
無断キャンセルが我々の思いを踏みにじる行為だと言うことを!
もちろん、その様な心無いお客様ばかりではありません。
いえ、ほとんどの皆様が素晴らしいお客様です!

出典
フジテレビ、とくだね。|monolithのブログ

飲食店の予約を当日キャンセルしたことがあるのは16.2%
出典
sirabee.com
飲食店の予約を当日キャンセルしたことがあるのは16.2%
2割に満たない人だけです。
そんな一部の人のドタキャン・無断キャンセルに飲食業界が悲鳴

手配した仕入れとかバイトの調整とかどうすりゃいいのよ!

たび@mesotabi
el-sol.me/info/912342 「営業は終了させていただきます」「年間150以上、ここ最近の60以上のドタキャンがあったうちみたいな不幸がもうないように」 el-sol.me/info/904678 「軽く20人で欧州旅行できちゃう被害額だよ。xxxびさん。」
返信 リツイート いいね 2015.06.08 20:34

ドタキャンが原因の一つで閉店したそうです…(T-T)
詳しくは↓に書いてあります。
http://shuminoblog.blogspot.jp/2015/06/3.html
都内のある店は、新鮮な野菜や魚介類の13000円のコースのみを提供しているが、それを無断でドタキャンされてしまい、儲けにはならないと嘆いている。
キャンセルされた分の食材は使い回すことはないので全てが無駄になってしまう。

出典
客のドタキャン増 店側は嘆き | mixiニュース

美味しいご飯を提供するために、お店がどれだけ前から準備をしているか考えてみましょう。冷凍食品でも使ってなきゃ次の日に回せるわけないし、結構前から手配しているもんだよ。高級レストランだと個人の好みに合わせた食材を手配してくれていたりするし…。
今ヨーロッパにいらっしゃっている
日本を代表する方々からの30名のご予約。
3日前にして、
「すみませんが、今回は見送らせて頂きます。」って。。。
いやいや、すみませんじゃすまないです!

出典
吉武 広樹 – タイムラインの写真 | Facebook

レストラン側から確認電話を入れたら、キャンセルだということなのに、別のレストランを予約していて、そちらに行ったらしいです。
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-2492.html

イゾリーナ@isolina_ginza
フォローする
本当にレストランは弱い立場のあります。予約をしてバックレるなんて普通、明日、17名、9名ドタキャンてかこっちが連絡しないとそのままこなかったであろう。人としてのモラルのなさやれ3ツ星やなんや騒ぐ東京。実際は最低な街。ものが溢れかえり人間としての常識のかけた街東京。
返信 リツイート いいね 2012.07.11 19:16

mnm@rhyme_mnm
フォローする
クリスマス営業三日間お疲れ様でした。営業後は当日キャンセル分のコース料理を皆で処理。飲食店で無断キャンセルは本当に辞めてくださいw そして、帰り道。もう門松。早いわ。 pic.twitter.com/AUMaiZCY1M
返信 リツイート いいね 2013.12.26 00:42

キャンセル分のごはんをバイトさんが食べてるって…。無駄にはならないけど、入ってくるはずだったお金が…商売として成り立たなくなっちゃいますよね。

\ヤ ギ/@aoiyagi1202
フォローする
思った以上に今日のバイトは暇でした。それもこれも宴会をドタキャンした33名の仕業です。店の利益と店長の機嫌がサヨナラバイバイするからマジでやめろ

返信 リツイート いいね 2015.06.07 21:58
暇だろうとなんだろうと人件費は発生するんだ―!!
本来キャンセルのお電話を早めにいただければ、空いた席でゆっくりしていただけるお客様をお断りしなければなりませんから、結果私どもも非常に心苦しく思っております。

早い段階でキャンセルのお電話をいただければ、1つの席で2組のお客様をお迎えすることもできます。それができないのが残念で仕方ありません。

出典
【ネガティブな話、お店の実情を見たい方のみご覧ください】予約ルール設定の裏側|つむぐカフェ営業ほぼ日誌

予約時間より後にキャンセルをしてくることで、別の来たかったお客さんがこられなかったりもするんです。
先日私が働いているレストランで10名のお客さんが、来ませんでした。
電話番号は聞いていたので、電話をしましたが、一向に出ず、留守番電話にもなりませんでした。
遅れるのかどうかもわからず、しばらく10名分の席は空けておいたのですが、ピークタイムだったのでお断りしてしまったお客様もいます。
結局、来られませんでした。

出典
レストランなどで、予約しておいて断り無しに来ない人たちの対処法ってあります… – Yahoo!知恵袋

お店は予約時間の1~2時間前には席を空けておいていることが多いと思います。それで無断で来なかったりすると、何時間分無駄が発生するのでしょう…
ひろか@pisuke7129
フォローする
予約したのに、予約時間になっても来ない。電話しても繋がらない。 予約したかったのに満席で断ってるお客様もいてて、食材も用意してるのに。 来れなくなったのなら1本電話入れてくれてたら、断ったお客様は今日、楽しく思い出に残るディナーを過ごせたのかも知れない……と思ったら悔しい。
返信 リツイート いいね 2016.01.18 01:23

そうそう、迷惑をかけているのはお店だけじゃないかもしれないんですよ
山路力也@ymjrky
フォローする
本日のPBMはレストランのドタキャン問題についてお話させて頂きました。お店を予約するのはお店との約束。お店側はお客さんが来るために仕込みしたり準備して待っています。やむを得ないキャンセルは別としても、直前の連絡や無断でのキャンセルはお店に迷惑がかかります。絶対にやめましょう。
返信 リツイート いいね 2015.01.30 07:39
理由なくキャンセルする奴はこういう想像力がないのかな?
昨日、
弊社のあるレストランで
貸切のご予約をいただいたお客様が
なんの連絡もなく来店されませんでした。
ご予約人数は60名、時間は20:00より。

当月はじめにご予約の電話をいただき
それから会の趣旨やフロアーレイアウト、
人数変更や食材の好き嫌いの確認等、
私たちはそのお客様の年末の宴会をより良いものにしようと
シュミレーションを重ねスタンバイしました。

当日、
そのご予約のお客様はひとりもご来店いただけませんでした。
なんの連絡もなく。

こちらから、
幹事さまに連絡をとっても繋がらず、
留守番電話も無視され、
しまいには不通になる始末。

出典
最悪 : カンパーニュレストラングループBOSSのブログ

これだけ大人数だと、レストランはシュミレーションまでして準備しているんですよ。お店が可哀想過ぎます!!
アンバーロンド田村@AMBERRONDO
フォローする
最近の予約の件 1時間前に団体様ご予約いただきましたが、時間なってもいらっしゃらなく20分過ぎてからキャンセルの連絡。理由もよく分からず。予約って何のためにするもの?予約するときって、とりまとめてからするものです 団体様なら尚更です モラル、礼儀が崩壊している…

返信 リツイート いいね 2012.06.14 00:51

本当にキャンセルした人は何を考えているの?ドタキャンした人の分、メニューの値段を高くすればいいと思っているのかな。
お店の利益の大半は週末に出るのですが、週末の団体予約がドタキャンだったら即死です。ドタキャン予約のせいでフリーのお客さんも全部断ってしまっている。
しかもパーティプランで仕込みしていた食材が数十人分全部無駄。仕込みの手間も全部無駄。
頭は真っ白で、涙が出ればまだマシ。繰り返せば中規模店など簡単に潰せます。
ミシュランの店も潰れました。
出典
28日カフェタイムのしゅっきんきん。ドタキャンでお店を潰すのは簡単です | mixiみんなの日記

ドタキャンする人は店がつぶれてもなんとも思わないの?お店の人も、そのお店が好きな人も悲しいのに。
一部の人は悪いということがわかっていない?

ここで、個人ブログやツイッターを紹介することは出来ませんが、
・「30人が20人になったらキャンセル料とられるってひどい」(←わかった時点で連絡しようよ)
・「当日キャンセルの電話をしてあげたのに、キャンセル料請求された」(←”してあげた”じゃなく当たり前のことだし、遅い!)
・「3日前連絡はドタキャンじゃない」(←一概には言えないでしょ)
などなど…「何も悪いことしていない」と読み取れる意見が多数みられました。
・・・・・・・・・・・・・転載終了・・・・・・・・・・・・・
飲食店側の方が弱い立場です。本来であれば予約した時点で、その分の取消料は掛かってしかるべきです。
ですが「ドタキャン」してもなしのつぶて等で、お客側の方が踏み倒してしまうのです。

日本では「お客様は神様です」と言う三波春夫さんの名言があります。
でもこの言葉は残念ながら曲解されて悪用されているのが現実です。
その真意は「舞台に立つとき、敬虔な心で神に手を合わせたときと同様に、心を昇華しなければ真実の藝は出来ない」ということから生まれた事から出たそうです。
そして、「人間尊重の心が薄れたこと、そうした背景があったからこそ、この言葉が流行ったのではないだろうか」とも語っておられていました。

ましてこの様な「ドタキャン」はお金を払わずに逃げている状態と言っても過言ではありません。
ですが実際に「ドタキャン」をしている当人達は悪いと言う意識が無いのですから。。。
それは「人間尊重の心が薄れた」事が反映しているのが大きな原因なのでしょう。

では他国では実際どうなのでしょうか?
隣の国「中国」の例は参考になります。
以下、中国で「飲食店のドタキャン」が起きない理由より転載
そもそも中国の画期的な決済手段といえば2004年に登場したアリペイが最初だった。ショッピングサイト「淘宝(タオバオ)」の決済サービスとして始まり、現在ではウィーチャットペイと並び、中国人のスマホ決済手段として欠かせないものとなっている。

アリペイの仕組みは至ってシンプルだ。まず消費者が商品を注文し、スマホからアリペイに代金を支払う。アリペイは販売者に注文の連絡をし、販売者は商品を発送する。消費者は受け取ると、商品に問題がないか確認してアリペイに連絡。そのまま購入する場合は、アリペイから販売者に代金が支払われ、不満なら返品するとともに、代金もアリペイから戻ってくる。

つまり、販売者に直接支払うのではなく、消費者と販売者の間にアリペイをはさむことによって成り立っているビジネスだ。米国発の決済システム、ペイパルと同じで、消費者が商品や決済に関して取るリスクを最小化する。

なぜ、アリペイが中国でここまで受け入れられ、利用されるようになったのか。答えは簡単だ。中国は他人を信用できない“不信社会”だったからである。

北京在住の友人と話していたら「中国では、極端な言い方をすれば、誰も他人のことを信じていないんですよ。長い間、この国は不信社会だったんです。でも、そういう社会だったからこそ、逆にこういう画期的なシステムが出来上がり、人々に受け入れられたんじゃないかと思うんですよ」という言葉が飛び出したこともあった。

中国人が知らない会社からモノを買う場合、まず頭に浮かぶのは「だまされるのではないか」ということ。商品が無事に届くのか、ニセモノではないのか。売る場合も、代金を支払ってもらえるのか、心配で仕方がなかった。

むろん、日本にもネット販売には多少の不安が伴うが、基本的に双方を信用するのが前提であり、中国人のように「だまされるのでは?」という疑問が真っ先に浮かぶことは少ないだろう。

しかし、中国ではリスクが現実になる可能性が高かったことや、信用調査が厳しいクレジットカードが世の中に浸透しにくいことなどから、アリペイのようなリスク回避のシステムが出来上がった。

アリペイが確立したシステムは「お互いを信じる」「安心して買い物ができる」という、日本の商習慣では当たり前の相互信用の考えに基づいて構築されたものだった。北京の友人は「まじめにいい商品を作らなければお客様に買ってもらえないし、きちんと代金を支払わなければ、欲しい商品は手に入らない。そういう日本人から見ればごく当たり前のことや信頼関係を、このシステムを使うことによって中国人は知ったのです」と話していた。

・・・・・・・・・・・・・転載終了・・・・・・・・・・・・・
確かに他人を信用出来ないからリスク回避のシステムを作る。
これは参考になります。恐らく今の日本で同じような決済システムを導入すれば、
金銭取引上のトラブルは解消される可能性が高いと思います。

しかしながら信用取引が出来た「この日本の風土の良さ」をこの決済システムを導入する事により
消してしまう事は否めないでしょう。

かって安心社会と言われた日本も疑いが深くなり、他人を信頼しなくなってきました。
そして昔に比べて今の社会が悪くなったのは、このように人々の心が堕落したからです。

「ドタキャン」くらいいいじゃない!

この意識が怖いのです。
もちろんやむをえない「ドタキャン」が存在するのは分かります。
体調の問題、親族の不幸・・・・
ですがそれによって「損害を受けている人達」がいるのをないがしろにしてはいけません。

まず、なによりも「ドタキャン」は必ず連絡を入れると言う事が大事です。
長々書く必要はありません。
忙しかったり、病気でフラフラの人間に長文なんぞかける筈もないでしょうから、もう一言でいいです。
「インフルでいけなくなりました。申し訳ありません」
こんな感じでもいいのです。

でもそれを無連絡で「ドタキャン」するという精神構造は
「サービスを受けていないのに払う必要が無い!」
要はキャンセルチャージを払いたくないという事ですね。。。。

そのように自分の都合良いように考える「精神構造」がシステム導入等の対策が練られて、
社会を窮屈にさせている事に気が付いて事に気がついて欲しいのですが。。。。

そのような人達は「自業自得」だと言う事には目を向けずに
社会に対しての文句を言い続ける事でしょう。

どうかそのような人達が悔い改めて、人としての「礼儀」「仁義」をしっかりと果たせば
システムを導入せずに「ドタキャン」問題も大きく改善されますように。。。。

システムに頼らなくても安心して暮らせる「日本」に戻ります事を切に祈ります!

年末年始まだ駆け込みOK??
航空券とホテルを便利に格安にオンライン予約

サブコンテンツ

このページの先頭へ