田舎の子供は走らない??

【閑話休題】
私には2人の子供がいます。
2人とも保育園に通っているのですがよく走ります。
公園でも迷子になるくらい走っています~
親も追いつかないくらいに。

この話を田舎に住んでいる知人に話した事があります。
知人「うちの子供は全然走らないんだよ。困ったもんだよ」
私「どうして?自然にだってたくさん囲まれているし」
知人「田舎の子はみんな車で移動するから走らなくなっちゃうんだよ。学校に行くにも、近くに行くのも車で移動しちゃうんから。車で移動しないと駄々こねちゃうしね~」

意外な話でした。
私はある意味、都内に住んでいるので車で移動する事はあまりありません。
ですが近所には子供たちにとって走るのに最適な公園があります。
その公園に行くのも当然徒歩(子供たちは走ります)になるわけですが、
公園に来たら当然身体を動かしたくなるわけです。
そしたら走りたくなるのは自然の摂理ですよね??

最近では走る事に関して色々と取りざたされています。

以下 ランニングは体に悪い!?:研究結果より抜粋転載
//////////////////////////////////////////////
ある一定の年齢以降は、たくさんの距離(1週間に30-40km以上)を速いスピード(時速12km以上)で走ることは、健康を害し、寿命を縮めて、心筋梗塞のリスクを高め、運動不足に陥っている人に起こるのと同じような被害をもたらすようになる。これは、『ブリティッシュメディカルジャーナル』に掲載され、『ウォールストリートジャーナル』で報じられた2つの研究から浮かび上がったことだ。そのうちひとつは30年にもおよぶ研究である。データははっきりと述べている。スポーツをしても、速すぎるスピードで、長すぎる距離を何年にもわたって走っていると、心臓を損ない、寿命を縮める
//////////////転載終了////////////////////////
こういった記事を見ると走るのを躊躇してしまいますよね。
実際に私も”走る事=ランニング”は身体に良くないならば避けようと思っていました。
でも色々と調べてみますと以下の様なサイトを見つけました。

以下 ランニングは体に良い/悪い論争の結論、やっぱり走って損はない?より転載
//////////////////////////////////////////////
●“普通の”ランニングは死亡率を19%低下させる?
 その学術雑誌は「ハート」(Heart)という英国の医療雑誌。そして記事は『Run for your life … at a comfortable speed and not too far』(命が惜しければ走れ…快適な速さで適度な距離を)という題の評論で、著者はジェームズ・H・オキーフとカール・J・ラヴィエの2人。オキーフは、米国カンザス市にあるセント・ルークス中央心臓研究所のスポーツ心臓学者で、ラヴィエはニューオリンズ市にあるジョン・オクスナー心臓・血管研究所の心臓学者だ。
「WIRED」が示した研究結果が、「ハート」誌の評論の終わりのほうに出てくる。
「普通のランニングをした人は、しなかった人よりも、19%死亡率が低かったことが確認されたが、ハードなランニングをした人は、この恩恵を受けなかったことも観察された」という「WIRED」の記述は、「ハート」の評論の参考文献をたどると、執筆者の一人のラヴィエが関わった「エアロビクス・センター・ロンギチュナディル・スタディ」という「前向き研究」に行き着く。「前向き研究」とは、ある集団の人びとについて、未来に向かって追跡調査し、それぞれの人がいつどのような病気にかかり、いつ死亡したかなどを見るもの。この研究は、30年間の前向き研究で、対象は5万2600人。うち約1万4000人がランナー、つまり日ごろ走る運動をしている人だという。
 さらに、このランナーの1万4000人が、“走りの中身”で分けられている。第一群の「1週間に約32~40km走る人」は、「走らない人」と比べたとき、長生きのための利益を失っているが、第二群の「1週間に約8~32km走る人」は、「走らない人」と比べたとき、死亡率を25%減らしたという。
 ほかに、1時間で走る距離については、「約12km以上を走る人」は「走らない人」と死亡率の点で変わらなかったという。死亡率が低いという点でもっとも結果がよかったのは「約9~11kmを走った人」だ。また、1週間で走る回数については、「6~7日の人」は、死亡率に関する利益を失っているが、「2~5日の人」は長生きのための利益をもっとも多く得たという。
 まとめると、「週に32~40kmを走る人」「1時間に12km以上を走る人」「週に6~7日を走る人」は、死亡率の点で「走らない人」と変わらない。一方で、「週に8~32km走る人」「1時間に9~11km走る人」「週に2~5日走る人」は、もっとも長生きしやすくなるということになる。

上記の結果についていえば、「ハードなランニングをしたとしても、死亡率は走らなかった人より高くはなっていない」ということがいえる。しかも、そのハードなランニングというのは「週に32~40kmを走る」「1時間に12km以上を走る」「週に6~7日走る」といった相当なものである。そこまでハードな走り込みをしている人でなければ、走っていない人やハードな走り込みをしている人よりも死亡率は低くなる。
「WIRED」の記事に書いてあるとおり、ハードなランニングをする人は「恩恵を受けなかった」のだ。この表現は、ランニングをしたとき、走らない人にくらべて、死亡率は低くなっても高まることはないということを意味している。

//////////////転載終了////////////////////////
このサイトを見た限りにおいてはハードなランニングをしなければ、走らないよりも走った方が良い事がはっきり分かります。
ハードなランニングは転載の通り「週に32~40kmを走る」「1時間に12km以上を走る」「週に6~7日走る」といった相当なものです。一般人のランナーでこんなに走るまでのようなレベルの人はそうそういないと思います。
この2つの記事を読んでの判断は日常のランニングを無理のないように定期的に進めるのが良いでしょう。
でも無理のないようにといっても向上心を持って進めないとですね。
「これでいいや!」とか 「まあ、いいっか!」とかこのような気持ちを持って進めるのはマラソンに限らずある意味危険です。そのような気持ちを持ってしまう事は怠惰な結果に繋がります。

今日は走るのをやめよう→この方が楽だ→明日も走らない→永久的に走らない

私もこの様になってしまう事は多々あるのですが、この様に自分に言い訳をする事によってやらないように導かれてしまう事が多々あります。

仕事やプライベートでもそうですが
「忙しかったから」
「時間がなかった」
「他の作業で手がいっぱいだった」

出来なかった“言い訳”を人間は多々してしまいます。
ですがこの様な”言い訳”する人で成功している人は見たことありません。

もちろん忘れてはいけないのが、何でもかんでもやれば良いというわけではありません。
周囲に騙されて悪い道に進んでしまう事もこの世界には多くあります。
悪質な業者達はそれが”良さそうな雰囲気”を醸しながらあなたの前に立ちはだかってきます。

「このサプリを使えば健康になれるよ!」
「このセミナーに参加すればあなたの運が好転します!」

中には善意の活動をしている人もたくさんいますが、あなたを転ばそうとやってくる輩もたくさんいます。
話は戻りますが走る=マラソンをするのにはお金がほとんど掛かりません。
せいぜい運動するためのウェアやシューズ代位です。

マラソン=走る事は大変経済的な健康法です。
田舎の子供達も走るのに最適な恵まれた自然環境があるのに走らないのはとてももったいない話です。
もちろんゲームやアニメにはまって外にいかない都会の子供達も同様です。

どうか世の子供達が俗世におぼれずに健やかで過ごせる世の中でありますように!

//////////////以下宣伝////////////////////////
日本は大自然に覆われております。
マラソンスポットもたくさんありますね。
諸外国にもマラソンスポットはたくさんあります。
有名なマラソン大会は近日中ですが2017年12月10日に JALホノルルマラソンが開催されますね。
人間目標が無いとなかなかスタートしない習性があります。
諸外国で走るのを目標に走るのをスタートされるのはいかがでしょうか?

世界には変わり種のマラソン大会がたくさんあります。
観光でも人気がある都市で、市民参加型のマラソン大会が毎週のように開催されています!
海外マラソンガイド - RUNNET -
こちらのサイトでは色々と検索出来ますね。
ちょっと変わり種のマラソン大会はイスラエルにある”世界遺産” 聖地エルサレムにおけるマラソンが来年2018年3月9日に開催されます。

世界遺産、聖地エルサレムマラソンを走る 歴史深き石畳の市街コース…記憶に残るレースに
普通に走るのも良いですが、歴史・宗教・民族を学んで頭を良くしていくのも味があると思いますよ。

弊社ではオーダーメイドに旅行をご案内させて頂きますので、皆様に合った味があるツアーをご案内させて頂きます。
何なりと皆様のご希望を問い合わせフォーマットに入れてお問い合わせ下さい。
オーダーメイド旅行のアリスツアー問合せ

またお得にご旅行なされたい方は下記ダイナミックパッケージ・オンライン予約もお勧めです。
航空券とホテルはこちらで予約をして、マラソン等の特殊な手配は別途ご案内させて頂く事も可能ですよ。
是非併せてご利用下さいませ。

お得なアリスツアーの海外ダイナミックパッケージツアー
航空券とホテルを便利に格安にオンライン予約

サブコンテンツ

このページの先頭へ