インフルエンザ大流行

こんにちは。
最近インフルエンザが流行していますね。
皆様は大丈夫でしょうか?

インフルエンザ 記録的大流行か
ポルノグラフィティ、岡野昭仁インフルエンザのため2公演中止

インフルエンザの流行は色々な所に影響を受けていますね。
学校や職場でもインフルエンザによる欠勤は多く発生していると思われます。
その反面、インフルエンザに全然掛からない人も周囲にいませんか?
「インフルエンザにかかりにくい人」の正体より転載
インフルエンザの話になると、「まだ一度もかかったことがない」、「大人になってからかからなくなった」という人は珍しくなく、その一方で逆に「2年連続でかかっている」という不運な方もいます。体質によって、インフルエンザにかかりやすい人とそうでない人がいるのでしょうか?

インフルエンザにかかりにくくなる体質というのは、まだ医学的には信頼できる報告がありません。しかし、「今まで一度もかかったことがない!」という人もいるのが現実です。それはなぜでしょうか? かかりやすい人、かかりにくい人がいる気がしてしまうのは、もしかしたら単なる数字のマジックかもしれません。

1年のうちで10人に1人がインフルエンザになるとすると、20年連続でインフルエンザに「かからない」確率は計算上12%です。つまり、知人が100人いたら、その中で12人は20年連続でかかっていない人だということになります。その一方で、2年連続でかかってしまう不幸な人が数人いても、おかしくないでしょう。

つまり、インフルエンザに強い(または弱い)気がしてしまうのは、体質ではなく単に統計的な問題として説明可能です。そこから考えると、これまで一度もインフルエンザにかかったことがなかったとしても、今年かかる可能性が低いとは決して言えないということになります…。
・・・・・・・・・・・転載終了・・・・・・・・・・
こちらの記事では「インフルエンザにかかりにくい体質」は、ないと結論付けています。
またそういう統計的なものが無いので、9割以上の医師は自身でも予防接種を受けていることから「インフルエンザ・ワクチン」を摂取する事を勧めています。

一方で昨今ではインフルエンザを予防するためのワクチンに関しての是非に関して色々とささやかれています。
インフルエンザワクチンは効果がない?より転載
ワクチンを接種していない子どものほうがはるかに健康である
 感染症の予防のためのワクチンだが、条件によっては強烈な副作用を伴うものもある。1990年のオーストラリアの研究では、各種のワクチンを摂取した子どものほうがぜんそく、湿疹、中耳炎、多動性障害、扁桃炎などの疾患を発症する確率が高くなっているということだ。

 また、最近ドイツで行われた研究では、やはりワクチンを接種している子どものほうがぜんそく、花粉症、神経皮膚炎を発症する割合が高いことが報告されている。いったいその理由は? ロシアの研究では、一部のワクチンに保存剤として使われている高い殺菌作用のある水銀化合物、チメロサール(Thimerosal)の人体への危険性が指摘されているようだ。
・・・・・・・・・・・転載終了・・・・・・・・・・
実際に周囲を見ていても「インフルエンザ・ワクチン」を接種しているのに「インフルエンザ」にかかったり、接種をしていないのに「インフルエンザ」にかからずにぴんぴんしている人もたくさんいます。
以下のサイトをご覧下さい。
【参考サイト】
インフルエンザワクチンは打たないで!【常識はウソだらけ】
ワクチンも薬もただの毒。論より証拠。
インフルエンザウイルスを駆除する商品を国は排除したがっている。

ワクチンの是非に関しては様々な考えがあるかと思います。
とは言え「インフルエンザ」と診断されないように健康に過ごす事が大事です。
インフルエンザにかかった場合は、飛行機にも乗れなくなってしまいます。
インフルエンザでも飛行機は乗れる?より転載
インフルエンザにかかった場合は、あらかじめ決められている期間が経過していない場合は原則として飛行機に搭乗できないこととしています。

インフルエンザは学校保健安全法という法律で、感染の被害を拡大しないために出席停止期間が定められている感染症に該当します。航空会社でも学校保健安全法を基準に、感染している方に対する飛行機への搭乗規定を定めています。

JALやANA、スカイマークなどの航空会社でも、学校保健安全法で出席停止が定められている感染症のうち、出席停止期間の基準を過ぎていない場合については飛行機の搭乗に適していないとしています。
・・・・・・・・・・・転載終了・・・・・・・・・・
旅行に限らず、普段の日常生活に大きく影響を与えてしまいます。
出来るだけインフルエンザに掛からない様に普段から気を付ける必要があります。
【予防接種だけじゃない】インフルエンザの予防方法
マスク・手洗い・うがいによる予防
【一般的な予防方法】
1.マスクの着用:インフルエンザウイルスの入り口となる、鼻と口を覆うマスクを着用する
2.手洗い:流行時期にはどこにウイルスが付着しているかわからないので、手洗いを徹底する
3.帰宅後のうがい:気をつけていても、口やのどにインフルエンザウイルスが侵入する可能性は十分あるので、帰宅時には必ずうがいをする

マスク、手洗いでの予防を流行時期に実行しているかたも多いと思いますが、より効果的に予防するための
注意点を考えてみましょう。

【より効果的な予防】

1.着用するマスクについて

・マスクは清潔なものを使う
・鼻の上までしっかり覆うものを選ぶ

2.手洗いを徹底するには

・爪は短く切る
・指の間や手首、手の甲まで石鹸やハンドソープで丁寧に洗う
・洗い終わったらすぐに清潔なタオルやペーパータオルで拭き取り十分に乾かすこと

体調管理と生活環境による予防

インフルエンザウイルスは免疫が落ちている場合に感染しやすいので、 全体的な体調管理、生活環境の管理も非常に大切なことです。以下に注意し、インフルエンザをはじめとするいろいろな感染症にかかりにくい環境を心がけましょう。

1.体調管理

・睡眠を十分とる
・規則的な生活
・栄養バランスの整った食事
・疲れをためないこと

2.生活環境

・ストレスが強い環境を避ける
・インフルエンザウイルスは、乾燥している環境で増殖するため、空気乾燥させない(加湿器の使用や、濡れタオルを室内に干す)
・外出はあまり混まない時間帯を選ぶ(多くの人で混み合っているところは、感染の可能性が高くなる)
・・・・・・・・・・・転載終了・・・・・・・・・・
どうか一人でも多くの人がインフルエンザにかからずに健康でいられますように!

ハワイ・オアフ島のお勧めオプショナルツアーを手軽にオンライン予約

世界中の海外旅行に便利
格安航空券・ホテル予約はアリスツアーのオンライン予約

サブコンテンツ

このページの先頭へ