バレンタインデーの本当の歴史

本日はバレンタインデーですね。
皆さんは女性から好きな男性にチョコレートを贈るイベントとして認識されていると思います。

でもその歴史的意味合いの話をご存知の方は少ないのではないでしょうか?
ちょっと調べてみましょう。
バレンタインの歴史
バレンタインの歴史は、西暦1207年2月14日、ローマの皇帝クラウディウスが結婚を禁じたのに反抗して殺された、聖人バレンチヌスを祭る日に由来しています。

 当時の皇帝・クラウディウスは、軍事力としての兵士らに家族ができると「士気」が弱まると考え、結婚を禁止していました。ところが、キリスト教の司祭であったヴァレンチノ(バレンタイン)が皇帝に秘密で若者たちの結婚を行っていたため、皇帝は怒り、ヴァレンチノをローマ宗教に改宗させようとしました。

 ところが、ヴァレンチノは愛の尊さを説き皇帝に抵抗したため、2月14日に処刑されてしまったのです。後世の人々は、ヴァレンチノ司祭の勇気ある行動に感動し、「聖バレンタイン」と、恋人の守護神としてまつるようになりました。ヴァレンチノ司祭が処刑された日を「聖バレンタインデー」と呼ぶようになったのはこれに由来しています。

 バレンタインデーは、14世紀頃から男女の恋愛に結びつけられるようになり、日本には戦後、アメリカから伝えられたといわれています。今では、知らない人がいないくらい普及してきた外国の風習の一つです。

 バレンタインのこの日から小烏が交尾をはじめると伝えられ、恋人たちの間にハート形をしたプレゼントや、キューピットなどの絵を描いたラブレターを贈る習慣があります。やぶれた恋も、聖バレンタインに祈れば、もとに戻るとも伝えられ、この日は女性から男性に愛の告白をしても許されることになっています。 
・・・・・・・・・・・転載終了・・・・・・・・・・
愛を伝えるイベント!
愛する人にプレゼントをもらったり、あげたりするのは「チョコレート」に限らず嬉しいですよね?
愛はそれだけ人々にとって素晴らしい活力源になるのですから。。。

でも個人的に毎年気になるのが「義理チョコ」なる存在です。
正直「愛が無い」ものを、義理で送り合うのはどうなのでしょうか?
お菓子メーカーさんにとっては重要な売上促進時期ですから、義理チョコだろうが名目はなんだろうがどんどん販売したいかとは思いますが。。。

これで「バレンタインデー」に関しての疑問が出てきて調べてみますと衝撃の事実が発覚しました。
バレンタインの闇の起源より転載

バレンタインデーとはロマンスや愛、キス顔への忠誠を祝う時です。
しかしこの祭りの起源は実際には暗く血まみれで、少し混乱しているのです。
誰もこの日の正確な起源を指摘していませんが、始めるのに良い場所は古代ローマになります。
そこでは男性が側にいる女性に言い寄ります。

2月13日から15日迄、ローマ人達はルペカリアの饗宴を祝いました。

男達は山羊や犬を生贄に捧げ、殺した動物の皮で女性達を鞭打ったのです。
「ローマのロマンスとは酔っ払ったり裸になる事でした。」とコロラド大学ボルダー校の歴史家であるノエル・レンスキーは言います。
若い女性達は男性達の為に実際にムチを打ってもらうよう並んだのですとレンスキーは言います。
こうする事で彼等が豊かになると信じられていたのです。
この残忍な祝典にはマッチングのくじがあり、若い男性が壷から女性の名前を引くのです。
カップルはその後、お祭りの期間中に一緒にいて、性交し、もしそのマッチが正しければ、その後も一緒にいるのです。
古代ローマ人達は現代の愛という名前の原因でもあります。
3世紀の別々の年の2月14日に、皇帝クラディウス3世は二人の男を処刑しました。二人共バレンタインという名前でした。
彼等の殉教はバレンタインデーを記念してカトリック教会によって名誉を与えられたのです。
その後、5世紀に教皇ゲラシウス1世は異教の儀式を追放する為に、バレンタインデーとルペカリアを混ぜる事によって物事を混乱させたのです。
しかしこの祭りはかつてあった事の劇場的解釈以上のものだったのです。

レンスキーは「それは酒に酔っ払ったレベル以上のものでしたが、クリスチャンはそこに服を着たのです。豊穣と愛の日であることからそれは変っていません。」と付け加えます。

同じ頃、ノルマン人はギャラティンの日を祝っていました。

ギャラティンという意味は、「女性の恋人」という意味です。ある時点でそれは部分的にバレンタインデーと混同されました。何故なら似た様な感じだったからです。
・・・・・・・・・・・転載終了・・・・・・・・・・
なんと「バレンタインデー」の発祥は恐ろしい悪魔的儀式だったのです。
こんなことを書くと、悪魔的儀式に乗るのは嫌だ!と感じてしまうのもごもっともだと思います。
そうでなくてもお菓子メーカーの商業的な戦略に乗るのは嫌だと思ってしまう人も多いと思います。
特に義理チョコは愛が無ければ不要でしょう。

しかしながら本当の愛を込めて、愛する人に「チョコレート」(でなくてもいいと思います。本当にその人が好きなもので!)をプレゼントしてみましょう。
発祥は悪魔的儀式であったとしても、愛の力で天使的儀式に変える事が出来ると思います。

さあ今年のバレンタインデーは愛する人に本当の愛をこめて愛を込めたプレゼントを贈りませんか?

イタリア・ローマのお勧めオプショナルツアーを手軽にオンライン予約

世界中の海外旅行に便利
格安航空券・ホテル予約はアリスツアーのオンライン予約

サブコンテンツ

このページの先頭へ