仮想通貨はババ抜き?

こんにちは。
世間では「仮想通貨」が騒がれていますね。
日本では一般的にビットコインやアルトコインの総称を「仮想通貨」と呼んでますね。
いわゆる「電子マネー」みたいな紙幣やコイン等の形になっていない通貨に似た類のものです。
ですが「電子マネー」と「仮想通貨」の大きく違う点は独自の通貨単位を設定している事です。

電子マネー → 円でやり取り(日本)
仮想通貨 → 独自の単位を設定 BTC等

ビットコインを始めとする「仮想通貨」はお金とは言えませんが、お金と同じように使えます。
そして、ビットコインを売って現金にすることもできます。
また何より海外でも共通単位で使えるので為替変動に左右されない手段として注目されています。

しかしこの日本ではメディアで取り上げられることはとても多くなってきましたが、まだまだ日常生活にビットコインが浸透していると感じている人は少ないかもしれません。
投機目的で使われることが多いので、一般庶民には縁遠く感じるのかもしれません。

そんな中、先日仮想通貨取引所大手コインチェックによる、約580億円相当の仮想通貨「NEM」の不正流出が発生しました。
コインチェックの「NEM」不正流出問題の要点より転載
そもそもなぜコインチェックが流出騒ぎを起こしてしまったのか。その最も重要な要因として、一義的には「コールドウォレット運用」でなかったことと多くの識者から指摘されている。コールドウォレットとはインターネットから遮断されたウォレットを指し、秘密鍵のあるデータストレージからネット接続を遮断すれば作成可能で、PC、USBドライブなどのハードウェアから、印刷した紙などさまざまな種類が存在する。

 一方で、「ホットウォレット」はネットに接続された状態のものを指すが、ホットウォレットに比べ、コールドウォレットはインターネット経由のクラッキングを受ける可能性を大きく減らすことができる。

 ただし、コールドウォレットの運用はホットウォレットと比べると楽ではない。管理する人間とウォレット自体が物理的に狙われるリスクがあるためだ。強盗や脅迫、拉致、ソーシャルエンジニアリング(いわゆるハニートラップ)、内部犯行、ハードウェアハックなどが考えられ、中にはハードウェアに罠を仕組むケースも存在する。それだけではなく、秘密鍵自体をなくしてしまうこともしばしば起きる。これで大金を失った人は数え切れない。

 騒動発生直後、NEMを開発・管理するNEM財団はコインチェックが「マルチシグ(multisig)」を実装していないことを責めている。マルチシグとは秘密鍵が2つ以上ある署名方法であり、複数の署名者(秘密鍵保持者)と複数の公開鍵をひとつの財布に設けるなどで、セキュリティのリスクを分散できる手法だ。

 ただし、コールドウォレットとマルチシグを兼ねた運用は、コストの上昇に見舞われる可能性が高い。
*****************************転載終了*****************************
今回の事件はいわばネット犯罪の一種ですね。
「コールドウォレット」=「インターネットによらないデータ保存」によれば防げたと指摘していると言っても、そもそも「仮想通貨」はインターネットを通して生み出された通貨と言っても過言ではありません。
インターネットを排している形でのシステムを推奨しているのは本末転倒では無いでしょうか?
世間では「仮想通貨」流出で責められているのは企業ばかりですが、本来責められるべきは流出を起こした犯人なのでは無いでしょうか?一般犯罪と異なりインターネット犯罪は誰が引き起こしたかが、判別出来ない側面を持っています。
無数のサーバーを偽装して使ったり、国をまたぐため「ほとんど匿名」で犯罪を起こせるわけです。
起こるべくして起こった事件と言っても過言ではありません。

一方では今回「仮想通貨」に手を出した人は悪くないのでしょうか?
芸人の「たむけん」さんは利用者は何も悪くないと主張しています。
炎上中のたむけんがブチギレ「1番は盗んだヤツが悪い。2番目はコインチェック。利用者は何も悪くない」

一攫千金を夢みて大化け株を狙う。それは投資家の夢であり、希望でありま
す。ところが現実には大化けは大きく儲かる大化けではなく、大きく損をする大
化けしかやってきません。大きく儲けようとすればするほど実際には考え方は大
きくなるものの現実には思い通りにならないで大きく損することになります。

金融商品は「安いときに買って、高い時に売れば利益が出る」のは一般常識です。
でも実際には周りの雰囲気に左右されて逆の事をしてしまう人が大半なのです。
実際に大損した人々を見てみると「ビットコインがバブルだ!」と聞いてそれに乗ったわけです。
そしてそれは「高いところで買う」人が多い事を示唆しています。

今回、被害に遭った人達も一攫千金を夢見て投資をしたはずです。
一攫千金を目指し、お金を投資する。
ギャンブルと一緒で胴元が儲かるだけで、投資した多くの人々は、損するように出来ているのです。
そうです!上手い話しは「ババ抜き」と一緒で最後にはババを引いてしまうように追い込まれてしまう事がほとんどなのです。
今回「仮想通貨」に投資して大損した人々は、「一攫千金出来るよ!」と言う悪魔のささやきに乗ってしまったのでしょう。
でも「一攫千金」する事は貴方にとって本当に必要だったのでしょうか?
仮に万が一「一攫千金」出来たとしても、その人にとって心の充足感は得られなかったと思います。
いくらお金を得ても、貴方よりもっと凄い金持ちが現れます。そうすると劣等感にさいなまれてしまうのです。

今回は「仮想通貨会社」「仮想通貨利用者」が被害にあってしまいました。
責められるべきは確かに「一番最初に盗んだ奴」ですが、前二者も同じ「ババ抜き」ゲームに参加していたようなものです。
さあ貴方はそれでもこれからもこの「ババ抜き」ゲームに参加し続けますか??

アメリカ・ラスベガスのお勧めオプショナルツアーを手軽にオンライン予約

世界中の海外旅行に便利
格安航空券・ホテル予約はアリスツアーのオンライン予約

サブコンテンツ

このページの先頭へ