液体物の「機内持ち込み」に関して考える

こんにちは。
今日の話題は飛行機で海外旅行に行く際の飛行機搭乗における
「液体物の機内持ち込み制限」についてです。

日常生活には欠かせないハンドクリームや美容液。飛行機に乗る際、液体は機内に持ち込むことができず、制限がされたりしていることは有名ですよね。
X線検査の前でペットボトルのドリンクを購入してしまい、直前に「イッキ飲み」したり
やむなく捨ててしまう事も結構ある光景です。
なぜならば以下の様な規定がされているからです。

機内へのお持ち込みに注意が必要なもの:液体物

国際線の機内にお持込いただける液体物には、容量制限が設けられています。
容器1つにつき100ミリリットル以下
複数容器の場合1リットル以下のジッパー付透明ビニール袋に入れる
1人1袋に限る.
なお、制限を超えるものは、十分に梱包し、お預けになるお手荷物に入れて、チェックインカウンターで係員にお申し出ください。

なぜ飛行機に限って制限があるのでしょうか。その理由はテロ対策とされています。

「原因となる事件は、2006年に起こりました。その年に、イギリスで飛行機を狙った爆破テロの未遂事件が発生。
犯人は液体物を機内で混ぜ、それらの液体による化学反応で飛行機を爆破する予定だったとされています。
こうした背景から、テロの可能性のある飛行機では液体状の物の持ち込みを制限しているということです。
つまり、安全上の理由から水分の持ち込みが制限されているということです。」

機内へのお持ち込みOK?NG?グレーゾーンな物

でも中には機内に持ち込んで大丈夫かな?と思うグレーゾーンな物も多々あります。
以下、“プリン”はどっち!? インフォグラフィックで表す「液体物の機内持ち込みNG境界線」より転載
飛行機内への持ち込みでわかりづらいのが液体物の判断だ。化粧水や目薬などの液体は小さな容器に入れて、かつプラスチック袋に入れる必要があるのはご存知かと思うが、世の中には液体か個体かを判断しかねるものがたくさんある。

そんな中、トリップアドバイザーが「液体物の機内持ち込みOK・NGの境界線」のインフォグラフィックを公開した。国交省の量的制限の対象となる液体物のリストによると、チーズは固体だがバターは「液体」、焼き海苔は固体だが海苔の佃煮は「液体」と、細かい指定がある。とにかくわかりづらいのは、カリカリ梅は「個体」でしば漬け梅干しは「液体」であること。さらに、「水ようかん」は「個体」で「プリン」は「液体」なのだ。

ちなみに、冒頭で説明した化粧品関連で「リップグロス」は「ジェル」にあたり、これは「液体」だそう。量的制限の対象となる液体物の持ち込みは国内線と国際線で異なるため各航空会社の規定などを参照されたい。また、「量的制限対象品の具体的な判断は最終的には保安検査場の係員が行うので各自指示に従って」ほしい。


・・・・・・・・・・・・転載終了・・・・・・・・・・・・

チーズは固体なので機内持ち込みセーフ!
バターは液体なので機内持ち込み禁止!

両方ともに牛乳で原材料は一緒。。。
微妙な判断ですね。
簡単にまとめると以下の通りです。

機内持ち込みOK

水羊羹、チーズ、シュークリーム、黒胡麻、切り干し大根、鮭フレーク、豆大福、カリカリ梅、焼き海苔、チョコレート

機内持ち込みNG

プリン、バター、ホイップクリーム、ゆず胡椒、キムチ、塩辛、ねりあん、しば漬け梅干し、海苔の佃煮、チョコレートソース

なんでこんなに水分を警戒するのでしょうか?

前述した通り、2006年の爆破テロ未遂事件がきっかけとさえています。
以下、スポーツドリンクのペットボトルに液体爆弾を仕掛けるケースより転載
のところ特に国際線の機内では液体物の持ち込みが非常に厳しく制限されるようになった理由は、このケースを警戒しているからなんですよね。実際に2006年にはスポーツドリンクのペットボトルの中へ、堂々と飲料を装って仕掛けた液体爆発薬を航空機内に持ち込み、飛行中に米国の上空で爆破を試みた容疑で複数のアルカイダ系のメンバーが逮捕される事件も発生していますよ。

過酸化水素とアセトンを混合した物質に硫酸を加えるという手口で作られるTATP爆弾の最大の強みは、やはりこうやって液体飲料を偽装されると簡単には見分けがつかないことにあるでしょうか。ちなみにTATP爆弾の信管は、なんとカメラのフラッシュ(携帯電話やスマートフォンに搭載されているものでも可)の電熱でも代用できちゃうという話ですから、いざ本当にセキュリティーチェックをすり抜けて持ち込まれてしまったら大変なことになっちゃうでしょうね…
・・・・・・・・・・・・・転載終了・・・・・・・・・・・・・
ここで疑問が生じませんか?
「プリン」や「バター」でテロを起こせるの?
正直、魔女狩り的に感じる部分は否めません。

だって機内では「水」「ジュース」「アルコール」と言った水分は配布されています。
「機内食」には「プリン」や「バター」はよく含まれています。
それに「保安検査」後の免税店や売店でも禁止されるものがたくさん売られていますよね?

問題になっていたのはスポーツドリンクのペットボトルの中へ、堂々と飲料を装って仕掛けた液体爆発薬を航空機内に持ち込みをされていた事です。

ここに出てくる「TATP爆弾」は簡単に作る事が出来るような殺戮兵器の様です。

「サタンの母」と呼ばれる爆薬、TATP(過酸化アセトン)とはより転載
簡単に作ることができ、殺傷能力の高いTATPは、別名「サタン(魔王)の母」とも呼ばれ、イスラム過激派組織「イスラム国(IS)」も好んで利用するという。
・・・・・・・・・・・・・転載終了・・・・・・・・・・・・・
簡単に作れればテロリスト等の殺戮軍団にとってはお手軽なツールですよね。
これだけ搭乗の際に液体制限をしていたって、前述の通り機内では「水」「ジュース」「アルコール」は配られます。
免税店で購入だって出来ます。テロリストにとってこんなに簡単に飛行機を爆破させる条件がたくさん揃っているのですから!でも「安心」して下さい。実際に飛行機に乗っている間に簡単に作れるほど「TATP爆弾」は単純なものではないようです。

以下、あなた自身がTATPで爆弾を作ってごらん(仏『ヴォルテールネット』より)より転載
飛行中の航空機を爆破させるため、十分な量のTATPを製造することすら、主要なメディアが述べているほど単純ではない。トイレにそっと姿を消し、二つの無害な液体を混合すればよいといったものではない。

まずあなたは、十分な量の、そして適当な濃度の過酸化水素を入手しなければならない。それは純粋な状態で入手できるものではない。確かに、あなたは薬局で髪の染色材という形で買うことができる。しかしこの溶液は97%が水である。そのためあなたは過酸化水素を抽出するために液体を煮沸しなければならない。その時、あなたの即席の実験室で火事が起こってすべてが失われる危険がある。

しかしよいだろう。あなたは何らかの方法で適当に濃縮された過酸化水素を手に入れたとする。あとはアセトンと硫酸を入手するだけだ。これらは割にたやすく買うことができる。

深刻な話に移ろう。あなたの濃縮された過酸化水素と、アセトンと硫酸の各々を注意深く調合し、関税と空港の手荷物検査をひそかにくぐり抜けるためにソーダの瓶に入れるのだ。過酸化水素とアセトンは同じ瓶の中で混ぜ合わせつつ現場に到着すればよい。その場合液体を新鮮な状態に保つことが至上命令である。そこであなたは、飛行機の中で必要になる何パックものガラス瓶、温度計、クチバシのついた試験管、かき回し棒、ガラスのピペット、それに検量器を手荷物の中に入れて持ち運ばねばならない。

私はあなたにファーストクラスの切符を買うことを勧める。そして搭乗してすぐにシャンパンを注文するのだ。ちゃんとした航空会社ならば、シャンパン瓶を氷入れに入れて持ってくるだろう。氷と氷入れは役に立つはずだ。保温用包装剤があればなおよい。爆発に必要な濃度に達する以前にトイレの中で発火しないよう、
あなたの混合液を十分な低温状態に維持するためである。

航空機がいったん米国に向けて離陸したら、時間を空費するな。爆弾製造にはたいへん多くの時間を要するのだ。あなたの道具一式をひそかにトイレに運ぶのだ。トイレに閉じこもったら、シャンパンの氷入れの中に目盛り付き試験管を置き、最初の瓶からゆっくりとアセトンと過酸化水素の混合液を注ぎ入れる。それから試験管に温度計を入れ、ピペットを使い、2本目の瓶から一滴一滴静かに硫酸を加える。事前に酸素マスクを着け、水中眼鏡をかけねばならない。なぜなら発生する蒸気が腐食性で、その間中もう一方の手で混合液をかき回していなければならないからだ。また一方の目で常に温度計を注視していなければならない。もし混合物が熱くなり過ぎると、弱い力で爆発してしまうのである。あなたは死に、飛行機のトイレの中で少しの被害が出ておしまいになる。

硫酸を一滴ずつ加えながら、数時間の後、やっと目的のTATPを得ることができる。その間、空間に立ち込める酸性の霧によってあなたが窒息せず、他の乗客に気づかれず、乗務員か乗客がトイレのドアをドンドン叩かなければである。----何も起こらなければ、真の奇跡だ(あなたが真に神の戦士であることの証明である)そして後は約2時間半かけて混合物を乾燥させるだけである。
(以下略)
・・・・・・・・・・・・・転載終了・・・・・・・・・・・・・
これを読んで真の平和主義者はほっとしませんか?
上記の条件で「TATP爆弾」を出来る人はまず居ないと断言しても良いでしょう。

それに2006年のテロ未遂事件で問題にしなければならなかったのは「水分」でなく、
中に何が入っているか分からなかった「TATP爆弾が仕掛けられたペットボトル」のはずです。
それに「バター」や「プリン」の様なほぼ固形物に「TATP爆弾」を仕掛ける事が出来るのでしょうか?

この様な事が分かってくると「バター」や「チーズ」を持ち込み出来る?出来ない?の論議が馬鹿らしくなりませんか?
この様な議論・手法は本来のテロを防ぐ手段・目的からは大きく離れてしまっていると言う事が分かって来ると特に。。。

昨今、世界中で起こっている「テロ」は自演自作説も多く流れています。
アメリカ同時多発テロ事件陰謀説
ボストンマラソンテロは自作自演
ロシアの地下鉄爆破テロに自作自演説が生じる理由
タイタニックは沈没していない。9.11同時テロと同じ巨額の詐欺事件であった。
これらの説が正しいと仮定すると「テロ」には多くの利権が動いています。
「テロ」を引き起こした勢力は、後の修理費や保険費等で自分の懐が潤うように出来ているのです。

これらを「液体物の機内持ち込み」に当てはめると、このシステムを導入した事により
潤った組織・業者があるのかもしれません。
それこそ「バター」がどうだ?「プリン」がどうだ?の様などうでも良い議論にすり替えて
本来の論点をごまかしてしまうのです。

世界に真の意味での平和が戻れば、この様な議論も無くなり
「バター」や「プリン」を機内に持ち込み出来る日が戻って来るかもしれません。

皆で世界の平和を祈りましょう!
そしてそれを叶えるためには自分自身の心から悪を遠ざけて、平和にしていくのが近道です。
祈るだけで簡単に世界平和が実現するわけないでしょ?
そんな疑問を持っている人は以下のサイトをご覧になって下さい。
【参考サイト】
一人一人が悪魔の誘惑に打ち勝つことが、この世界を変えることになります。先ずは自分のためにお祈りしてみてください。

今年こそ真の世界平和が実現しますように!

2018年も平和な海外旅行を!
航空券とホテルを便利に格安にオンライン予約

サブコンテンツ

このページの先頭へ