飛行機の機内って寒い?

こんにちは。
本日の話題は飛行機に乗った時にどうしたら快適に過ごせるかです?
長距離フライトはもちろん、短距離フライトでも快適に過ごしたいですよね?

春の温度なのに機内は寒い?

よく飛行機を利用する方で結構多い感想は。。。
「寒い!!!」
いったい機内は「何℃」位でしょうか?

飛行機を利用する方に、「機内は一体何度に設定されているの?」「機内はどうしてあんなに寒いの?」と聞かれることがよくあります。
でも実はそんなに低くないのです。
温度は一般的に24~26℃に設定されています。あれれ意外に高いですね。。。
春から初夏にかけての温度なのですね。

ではなぜ寒く感じるの?

ではなぜ機内が寒く感じるのでしょうか?
まず寒くなる原理を説明しましょう。
寒く感じる要素として「湿度が低いと寒く感じる」があります。
詳しくは以下のリンク先のページをご覧下さい。
湿度が低いと部屋は寒く感じるものですか?

そして「機内の湿度」は、飛行中20〜10%程になると言われています。
肌にも部屋の環境にも快適な湿度は40~60%と言われています。
*ちなみに砂漠の湿度は約20%です。
湿度が低いと肌からの水分蒸発が増え、その分熱も奪われるからです。
要は「機内は湿度が低い!!=寒い」のです。

湿度が低いから寒く感じる。ではどうする?

機内が寒く感じる原因はお分かり頂いたでしょうか?
でも意外と「外国人」の人達は機内でも薄着の事が多いのを見ていらっしゃいませんか?
これは「日本人」と「外国人」の体感温度の違いが大きいのです。
詳しくは下のリンクをご覧下さい。
外国人と日本人は何で体感気温が違うのか

では日本人に取ってどんな服装がベストなのでしょうか?
旅の持ち物は出来るだけ軽くしたいものです。
例えば「薄手のダウン」はいかがでしょうか?
出来るだけ「軽くて暖かい薄手のダウン」がベストかと思います。

行先によっても変わると思いますが「袖のないタイプ」も動きやすくて良いかと思います。
コンパクトに収納出来るので、暖かい場所への旅行でも荷物になりませんし、寒い場所ではコートの下に重ね着も出来ます。

これから飛行機で旅行に行かれる皆様!
旅行の荷造りの際に思い出してみてくださいね。
快適なフライト・タイムをお過ごしください!

お得なアリスツアーの海外ダイナミックパッケージツアー
航空券とホテルを便利に格安にオンライン予約

サブコンテンツ

このページの先頭へ