アステック・カレンダーとは?

こんにちは。
最近「メキシコ」の人々とやり取りをする機会が多々ありました。
色々と話題になる事は「ピラミッド」だったり、古代アステカ王国で伝えられた多神教の神話「アステカ神話」だったり結構
ミステリアスなトピックが多く興味深かったです。
【神図鑑】 アステカの神々
メキシコのプロレスラー(ルチャドール&ルチャドーラ)にマスクマンが多いのもアステカなどの文化的な影響があるようです。神聖化されているのでマスクマンは人前では決してマスクを脱がないように徹底している事が多いです。
選手のリングネームもアステカの神々の名前からつけられたものも多いようです。
「アルカンヘル・デ・ラ・ムエルテ」選手のカンヘルは中米土着信仰とキリスト教信仰が融合した、天使的性格を持つ龍人の事であったりします。

さてそんなアステカ神話が根付いているメキシコ文明ですが、
そんな中で「アステック・カレンダー」と言うのをご存知ですか?

「アステック・カレンダー」は「太陽の石」とも呼ばれていて、1790年12月17日にメキシコ・シティのソカロ(古代アステカ王国の首都テノチティトランがあった場所)の土中から発掘されたそうです。


重さ24トン、直径3・75メートルのひとつの石からなるこのアステックカレンダーは、メキシコ国立人類学博物館の最も重要な位置を占めています。

アトランティス大陸が沈んだ後にメソアメリカ、現在の中央アメリカ、メキシコの地域に移り住んだアトランティス人たちによって作られたものだと言われていますが、製作された正確な年代までは分かっていません。ただし、有史以前に作られたものであることは間違いなさそうです。

以下、アステック・カレンダーより転載

アステック・カレンダーの起源


この太陽の石アステック・カレンダーは、1790年12月17日にメキシコ・シティのソカロ(古代アステカ王国の首都テノチティトランがあった場所)の土中から発掘されたもので、アステカ宇宙起源論を主題としたこの暦石には、地球誕生から現在に至るまでの数々の時代と人類の歴史が刻まれています。直径3.5m、重量24.5tの一枚岩からなるこのアステック・カレンダーは、その規模と重要性によって、現在、メキシコ国立人類学博物館の中でも最も重要な位置を占めています。現在では色はほとんど残されていませんが、その元の姿は色とりどりのものでした。科学分析による色の再現が図に見られます。
 このアステック・カレンダーは、アトランティス大陸が沈んだ後にメソアメリカ、現在の中央アメリカ、メキシコの地域に移り住んだアトランティス人達が石に刻んだものです。
 メキシコ人にとって、アトランティスは神話的な存在でも、またただの理論でもありません。なぜならば現在は、スペインの植民地の後には、スペイン語が公用語として使われていますけれども、その前のメキシコではナウアットル(Nahuatl)語、アトランティスを起源としたナウアットル語を話していたからです。ですからこのアトランティス(Atlantis)、ATLではじまりますけれども、このアトルという語幹が大変多くナウアットル語には見られます。このアトルというのは水の意味ですけれども、その後にヨーロッパからやって来た人々がその土地の人々に「あなたがたの先祖は誰ですか?」と聞いたときに、このメキシコに住んでいる人達は、「現在の大西洋の位置にある四方を水で囲まれたアストランという島で、そこから七つのナウアットルアンカの部族がここにやって来た」と伝えました。
・・・・・・・・・・・・・転載終了・・・・・・・・・・・・・ 
そしてなぜこの「アステックカレンダー」重要視されるかと言うと、ここから得られるインフォメーションや予言などは、実に現代に起こる数々の出来事と驚くほど一致していたからです。
ですが、最も重大と思われる太陽滅亡の日の予言は当たりませんでした。
外れて良かったのですが。。。。
以下、太陽の石アステックカレンダーを解読するより転載

第5の太陽滅亡の日 2011年12月24日

第5の太陽は、中央のトナティウ。われわれの現在住むこの時代である。身長ののサイズが1メートル50センチから80センチであるわれわれは、地球誕生以来、最も背の低い人類と言えよう。

この第5の太陽の初期黄金時代には、自然、科学、芸術、宗教が完全に調和のとれたすばらしい時代であった、と古文書(コデックス)に記されている。

その文明は頂点へ達したが、神々の都テオティワカンやユカタン半島、、グアテマラのマヤ地域の住民たちはなぜか消えてしまった。古文書は次のように続く。

赤と黒の墨の人々(古文書は大部分、赤と黒の墨で書かれたことから、英知を持つ人の意)が行ってしまうとこの星は無知と暗闇で満たされ、退廃の歴史が始まった。人身御供が行われ始め、戦争は世界各地で絶えることなく続き、空気や環境は汚染され、そして現在の黙示録的住民時代にまで至る。

アステックカレンダーの中心の現在の太陽がさし示す舌、つまり針となる黒曜石のナイフが、宇宙を形作る4つの要素すなわち4の運動と一致する時、いよいよこの第5の太陽滅亡の日となるのである。その日は2011年12月24日。 われわれ第5の人類最期の日である。
・・・・・・・・・・・・・転載終了・・・・・・・・・・・・・

聖書とマヤの予言が語る『第6の時代』
2012年12月21日。マヤの予言から1年が経ち、これから世界はどのように動いていくのでしょうか。ここでは聖書の創世記とマヤの予言の奇妙な符合についてまとめ、現代はどうなっていくのかみていきます。

しかしながらここで起こっている様な出来事は実際には起こりませんでした。
と言うよりも起こせなかったというのが正しい見方だと思います。
似た様なケースをご紹介します。
アルバート・パイクと言う予言者がいました。
以下、アルバート・パイクの“予言”より転載
■■謎の男、アルバート・パイク

弁護士、詩人、多作な作家として活躍していた南部連邦の将軍、アルバート・パイクは、
1857年に秘密結社イルミナティの最高幹部(最高位33階級)にまで登り詰め、「黒い教皇」と呼ばれるようになった(彼は「KKK」の創始者でもある)。

彼が1871年に、イタリア建国の父であるジュゼッペ・マッチーニに送った書簡(手紙)には、予言ともいえる恐るべき「未来計画」が書かれていた。
それによると、まず、「世界を統一するために今後3回の世界大戦が必要だ」と書いてあり、

「1回目はロシアを倒すために、2回目はドイツを倒すために。3回目はシオニストとイスラム教徒がお互いに滅し合い、いずれ世界の国々もこの戦争に巻き込まれ、それが最終戦争に結びつくだろう」
と書かれていた。

■■アルバート・パイクの“予言”(未来計画)
この手紙の内容をもっと詳細に紹介すると
次のような恐るべき“未来計画”が書かれていたのである。

「第一次世界大戦は、ツァーリズムのロシアを破壊し、広大な地をイルミナティのエージェントの直接の管理下に置くために仕組まれることになる。そして、ロシアはイルミナティの目的を世界に促進させるための“お化け役”として利用されるだろう。」

「第二次世界大戦は、『ドイツの国家主義者』と『政治的シオニスト』(パレスチナ地方にユダヤ人国家を建設しようとする人々)の間の圧倒的な意見の相違の操作の上に実現されることになる。その結果、ロシアの影響領域の拡張と、パレスチナに『イスラエル国家』の建設がなされるべきである。」

「第三次世界大戦は、シオニストとアラブ人とのあいだに、イルミナティ・エージェントが引き起こす、意見の相違によって起こるべきである。世界的な紛争の拡大が計画されている……」

「キリストの教会と無神論の破壊の後、ルシファーの宇宙的顕示により、真の光が迎えられる……」

■■「予言は当たるものではなく、当てるものだ!」
この手紙が書かれたのは1871年8月15日。
この時、まだ第一次世界大戦(1914年勃発)も、第二次世界大戦(1939年勃発)も起こっていなかった。

この手紙の中に書かれている「ドイツの国家主義者」を「ナチス」に、「政治的シオニスト」を「ユダヤ人」に置き換えると、第二次世界大戦の構図をはっきりと捉えていることが分かる。

一番不気味なのは、中東での戦争を引き金にして「第三次世界大戦」の勃発を予想している点であろう。

もちろん、当館はこのアルバート・パイクの“予言”を、そのまま信じるつもりはない。念のため。
しかし、「予言は当たるものではなく、当てるものだ!」という言葉がある。

もし、そのような考えのもとでイスラエルが中東に(強引に)建国されたのだとしたら恐ろしい話である……(そうでないことを祈りたい)。
 
ユダヤ人の国イスラエルは、戦後1948年5月に中東に誕生した

ちなみに、日本で「サリン事件」を起こした某教団は、
自作自演のハルマゲドンを起こすことで、自分たちの「予言」を実現させようとしたことで知られている。
彼らも「予言は当たるものではなく、当てるものだ!」という考えを持っていたようである……。
・・・・・・・・・・・・・転載終了・・・・・・・・・・・・
要はアルバート・パイクが残した「予言」は、これから起こる事を記したのではなく
起こそうとした計画を述べただけなのです。
以下の記事で詳細を解明してくれています。
アルバート・パイクが予言した第三次世界大戦について。より抜粋転載
アルバート・パイクも本当に予言の能力があったわけではありません。彼はただ自分たちの作った予定表をそのまま文章にし、その予定表どおりに裏社会が事を起こしてきたに過ぎなかったのです。

そして、彼らは今、その予定表の通り、「イスラム国」騒ぎをでっち上げて、三回目の世界大戦を始めようとしています。そのカラクリについては、昨日まで三回にわたって具体的にお話ししてきました。以下の三つの記事を読んでいただければ、「イスラム国」騒ぎの真相がはっきりとご理解いただけるかと思います。
・・・・・・・・・・・・・転載終了・・・・・・・・・・・・
更に以下の記事でも他の予言者ジョン・タイターの予言の構造が解き明かされています。
RAPT×読者対談〈第81弾〉ジョン・タイターが予言した三つに分断された日本。
ジョン・タイターの予言は既に着々と実現しています。「蝦夷共和国」はユダヤ人を北海道に移住させる「河豚計画」の一環として誕生する予定です。

このように人々を怯えさせる大予言は世にたくさん存在しますよね。
かっては1999年に人類滅亡するとされた「ノストラダムスの大予言」とかですね。
当時はその大予言を深刻に受け止めた若い世代の読者が、世界や日本の未来のみならず自己の未来をも暗澹たるものと考えてしまったため刹那的な行動に走ったり、将来設計を怠るなどの問題が発生していました。

この予言の構造を「アステック・カレンダー」でも当てはめてみますと、
実際にメキシコを中心とした古代文明が栄えていました。
しかしながら人類を滅ぼしたい、人類を憎んでいる悪魔的な勢力がきっとあったに違いありません。
そしてそのような勢力が「アステック・カレンダー」を使って人々に不安な要素をたきつけて陥れようとしたのでしょう。
一度、この予言は凄いと信用をさせておいて陥れると言う悪魔的戦略です。

実際にメキシコは明るくて陽気な民族がたくさんいる反面、
麻薬事件や他の犯罪がメキシコでは頻発しています。
麻薬中毒者や貧困層の犯罪者も多く出て、社会がとても混乱しています。

麻薬に手を染めると、脳がやられて、精神に異常をきたすために幻覚症状が出るのだと思います。
麻薬常習犯は自分で悪魔に取りつかれていると思うのでしょう。
麻薬で身体が汚染されると悪魔に取りつかれやすくなるのかもしれません。

この様な社会にメキシコを陥れた要素に、この「アステック・カレンダー」も含まれているのかもしれません。
ですが「アステック・カレンダー」自体はやはり凄いものです。
当時の古代社会が栄えていた事を象徴しているものといっても過言ではありません。
とは言えだからといって、この「アステック・カレンダー」の凄さに執着する事によって、
自分の心が「悪」に導かれない様にきをつけなければなりません。

どうか多くのメキシコ人がこの様な悪の呪縛から逃れて、
明るくて陽気な性格が正しく保って過ごす事が出来ますように!

メキシコシティのお勧めオプショナルツアーを手軽にオンライン予約

メキシコ・世界中の海外旅行に便利
格安航空券・ホテル予約はアリスツアーのオンライン予約

サブコンテンツ

このページの先頭へ