空港の礼拝室

こんにちは。
本日は外国人の方のお出迎えに成田空港に来ております。

年々増え続ける訪日外国人旅行客の皆さんですが、文化の違いにカルチャーショックを受けている人も多い事でしょう。

ところで多くの日本人が行かないであろう場所が成田空港にあります。外国人とは逆に日本人がカルチャーショックを受けるであろう場所が。
「礼拝室」なるものが成田空港にあります。


成田空港の礼拝室
礼拝室は、祈り、祈祷、黙祷、瞑想、思索、物思いなど、静謐な環境の下での精神活動のためにどなたでもご利用いただけます。

最近、他の日本の空港でもイスラム教をメインにした祈祷室を設置し始めました。
ですが成田空港の場合は礼拝堂と名付けてるとおり、宗教に制限を置いていません。キリスト教、イスラム教、仏教、ユダヤ教、ヒンズー教、その他の宗教でもお祈りの制限ありません。

日本では、宗教や祈りというと日常から離れた重いイメージがあります。
しかし諸外国では宗教や祈りが身近な存在としてあります。
海外の方と仲良くなると、よく出てくる話題のひとつが宗教に関する事です。
「貴方はどんな宗教を信じているの?」と聞かれたとき、日本人はよく「自分は無宗教。神様は信じてない。」と答えます。
そうすると
「えっ?何も信じてないの?」
「本当に?」
と、相手方から思わぬ反応が返ってきて、なんだか気まずい雰囲気になってしまうことも…

日本とは全く逆の反応なのです。
アメリカのギャラップ社が2006年から08年にかけて行った世論調査では、日本人のなかで信仰を持っている人間は25%で、対象となった世界143カ国のうち136位という結果が出ました。

 日本より信仰率が低いのは、香港や北欧諸国などわずか7カ国しかないのです。たしかに、日本は無宗教の国であるということになります。

もっともこのように多くの日本人が無宗教になった背景にはカルトと称される新興宗教が日本には多くあり、それらに対する不信感が無宗教に結びついたのは否めないと思います。
10人に1人はカルト信者!?日本のカルト宗教 一覧

ここではどこの宗教がどうのこうな議論は触れません。
ですがそこから感じる波長が宗教全体に対する怪しさを増長させている事は否めない事実です。
しかし宗教を心の拠り所とすることは悪いことではありません。自分の生き方についてしっかり考えている証拠であり、賞賛されるべきとも言えます。
その宗教を信仰する事により徳が高まるならば、それは本物と言って良いでしょう。

参考サイト
本物の宗教は人の徳を高めますが、カルトは人の徳を貶めます。しかし、なぜかこの世にはカルトに入って活躍し、光り輝く人がいます。

どうか多くの人々が本物の信仰に出逢って、徳を高める事が出来ますように!

異文化体験なら海外旅行!
航空券とホテルを便利に格安にオンライン予約

サブコンテンツ

このページの先頭へ