不思議な国「ロシア」

こんにちは。
本日のトピックは「ロシア」と言う国です。
実は日本の隣国であり、大国である「ロシア」。
「シャーマニズム発祥」の地であり、入り乱れた民族文化はとてもミステリアスでびっくりさせられます。
隣国なのに皆さんが知らないロシアの魅力や事実にクローズアップしてみたいと思います。

ロシアにエジプトよりも古いピラミッドが!

ロシア北方 エジプトよりも古いピラミッドが発見より転載

ロシア北方にあるコラ半島では人間の手によって作られたピラミッド型の遺跡が発見された。これは約9000年前のもので、エジプトのピラミッドよりも2倍古いこととなる。
ピラミッドは東西に相対して存在しており、ヒュペルボレイオスの住人たちによって立てられたと見られている。もしかするとエジプトのピラミッドもこの土地から人々が移動した結果、建てられた可能性もある。エジプトのエドフ神殿には、洪水のおきた北国ドゥアトゥンバから啓蒙された人々がやってきてピラミッドを建てたとある。彼らこそ、エジプト文明の父である。ドゥアトゥンバは、古代エジプトの聖職者らによれば、「隠された世界の太陽がわが世界の太陽と出会う場所」とされている。ドゥアト、というのは日の出前の赤い光線とも言われており、北緯65度、ロシア北方で観測される。
・・・・・・・・・・・転載終了・・・・・・・・・・
あまり歴史上では語られていませんが古代ロシアには巨大文明があったのかもしれません。
そしてそれを示すように最近ロシア各地にて「巨石文明の痕跡」と思われるものが発見されています。
巨石文明の痕跡?それとも天然の産物?ロシア各地に点在する謎の巨岩

森の真ん中にある不思議な建物

森の真ん中にある不思議な建物
この様な巨岩がたくさん発見されています。
おそらく何らかの古代文明が高確率でロシアに在った事が予想されます。
そして文明だけでなく自然でも不思議な現象があります。

ロシアには雪男が存在?

コーカサス山脈の雪男が過去に生け捕りにされていたより転載
雪男は類人猿型の未確認生物
コーカサス山脈はロシアの北部に位置する有名な山岳地帯です。
古くからここにも類人猿型の未確認生物、いわゆる「雪男」の存在が信じられてきました。

雪男と言えばヒマラヤに出るイエティも同じ種類だと思いますが、同じユーラシア大陸の同じような地域にも生息しているのかもしれませんね。

ロシア側では「アルマス」とも呼ばれるこの類人猿型の未確認生物は、何と12世紀前後から目撃情報があるようです。
今日まで特異な環境下で生態系を作っていたのかと思うと、何とも言えない気持ちになりますね。

雪男の身体的特徴
他にもアルマ、アルマスティ、クシジーク、カブタールとも呼ばれることもあるこの未確認生物は、身長が約2メートル前後、予想される体重は200キロにも及ぶと言われています。
特筆すべきはその体毛で、長さ10センチ以上もの赤い毛が全身を覆っています。

腕は長く、逆に足は短い様ですが、イエティ、ビッグフット共にこのタイプのUMAはどれも怪力のイメージがありますね。
又、雪男と呼ばれていてもその性別に関してはメスも含まれます。

確かに考えてみれば生態系を築くには男性と女性が必要です。
12世紀から連綿と子孫が繁栄してきたのであればそこには人間と同じような繁殖形態の生物がいると考える方が自然です。

現在までその正体はもちろんの事、何頭ほどの雪男が生息しているかも把握はされていませんが、憶測でも現状判明している部分としては、

二足歩行する生物
男女の性別がある
生態系を築いている
全身が赤毛で覆われている
腕が長く足が短い
と言う特徴が挙げられますね。

生け捕りにされたザナ

興味深い記録ですが、1850年代には生け捕りにされたメスの雪男の記録が残っています。
コーカサス山脈からそう遠くない地での出来事ですが、ザナと名付けられたこの雪男(性別的にはメス)にまつわる様々な記録が残っています。

生け捕りにされたザナ
ザナの似顔絵 出典:http://www.bigfootencounters.com/articles/zana2.htm

捕獲された場所はコーカサス山脈の様ですが、その後トキナ村と言うアブカズ自治共和国内の村に連れてこられたザナは一般的な家屋ではなく、専用の穴を掘ったような空間で生活をしていたようです。
要は家畜などと似たような扱いだったと思いますが、重い荷物も片手で運んだとか、荒れる川を平気で泳いだ等の話もあり割と奔放に生活させてもらえてたのかもしれません。

一説には、物珍しい事もあり色んな村に売られた様ですが、驚くべきことにこのザナ、子孫も残しています。
人間との混血児を生んだと言う事ですから、仮にこれが真実だとすると大変貴重な話だと思います。

2男2女を生んだと言う説もありますが、近年この内のクイットと呼ばれる男性の子孫の頭蓋骨が発掘されました。
何でもイゴール・バルツェフと言う専門家が長年ザナの足跡を追っていたようです。

問題の頭蓋骨が発見されたのがやはりトキナ村だったと言う事ですが、残念ながらザナ本人の頭蓋骨は見つからなかった様です。
その代わり、息子と目されたクイットの頭蓋骨は発掘されたようです。

そして、事態はここから更に急展開をします。
今年に入ってその頭蓋骨のDNA検査の結果が出た様ですが、なんと、西アフリカ系の遺伝子が含まれていたと言うのです。

保険として現在も生きている他の子孫とされる人たちの人体からも検査をしたようですが、それらと複合した結果、大元の母体であるザナの遺伝子情報まであらわになったと言う事ですね。
これは非常に興味深い話です。

クイット
息子のクイットの似顔絵 出典:http://gaizy.hubpages.com/

雪男はアフリカからユーラシアに渡ってきた?
ザナは1890年付近に死亡してしまったと言う記録があります。
単純計算ですが、その息子のクイットは割と近世まで生きていた可能性が高いです。

そうなると、逆に今日まであまり情報が世間に出ていないのが不思議なぐらいですね。
特にコーカサス山脈付近の生物ではこの様にアフリカに起源を持つ生物と言うのはいないようです。

確かな事は、ザナや雪男達の先祖は大昔にアフリカ大陸から渡ってきて、コーカサス地方に住みついた生物と言う事です。
これは、結果的にヒマラヤのイエティやその他ヨーロッパも含むユーラシア大陸の類人猿型の未確認生物の正体に近づいたんではないかなと思います。
少し前にはイエティの毛をDNA検査したところ、熊の物でしたと言うニュースもありましたがどうなんでしょう。

未確認生物フリークとしては何かしら生息していると思いたい所です。

何でも一説にはここ数年前からアルマスと呼ばれるロシア側の雪男達はその活動を活発させてるとの事です。
ビッグフット、イエティ、野人と比較してもこのアルマス=雪男が最初に正体が判明するかもしれませんね。
・・・・・・・・・・・転載終了・・・・・・・・・・
「雪男」はミステリアスなお話ですね。
2011年にロシアのケメロヴォ州で開かれた雪男に関する国際会議では、ケメロヴォ州に95%の確率で雪男が実在するとの結論が出されたそうです。
「ロシアに雪男いる確率95%」 国際会議で結論より転載
 会議期間中、米ロやカナダ、スウェーデン、エストニアの専門家らが、雪男の目撃情報が相次いだ同州南部ゴールナヤ・ショリヤのアザス洞窟や周辺の山を探索。雪男のものとみられる生息場所や体毛を見つけたと報告した。ロシアメディアによると、洞窟にあった足跡の一つから12本の灰色の体毛が見つかり、科学鑑定されるという。
・・・・・・・・・・・転載終了・・・・・・・・・・
ミステリアスな話の様ですが、実際には現実的な話なのかもしれませんね???
そうそう、ミステリアスと言えば「バミューダ三角海域」までもあります。
「バミューダ三角海域」は通過中の船舶や飛行機が突如何の痕跡も残さず消息を絶つ海域です。

ロシア版バミューダ三角海域

ロシアのミステリー・スポットTOP5より転載
ペルミ地方とスヴェルドロフスク州の境界付近に、モリョブカ村がある。その近くを流れるスィルワ川左岸には、有名なモリョブカ三角地域(ペルミ特異地域としても有名)がある。ここはバミューダトライアングルのような、異常な場所なのだ。ここが知られるようになったのは、ペルミ地方の地質学者エミリ・バチュリン氏が1980年代に、直径62メートルの丸い跡を雪の上に発見したためである。今でも雪男、UFO、球電、プラズモイドに関する話がここから出てくる。科学調査の結果、この場所では強い位置覚異常があるという。
・・・・・・・・・・・転載終了・・・・・・・・・・
近年では隕石の落下も多発している「ロシア」。
世界最大の広大な国なだけあって他にも色々とミステリアスな事がありそうです。
この国のミステリアスな事柄をより深く研究してみると、また世界の謎の解明に繋がりそうですね!

ロシア・サンクトペテルブルクのお勧めホテルを手軽にオンライン予約

世界中の海外旅行に便利
格安航空券・ホテル予約はアリスツアーのオンライン予約

サブコンテンツ

このページの先頭へ